地下1階地上3階建て個人邸リノベーション

切り通しの家

House in Yoyogihachiman

渋谷区代々木、代々木八幡宮の隣。切り通しに面した高台立地。設計当初は駐車スペースなどの確保を目的に新築案で話が進んでいたが、大谷石の解体を含め擁壁工事の難易度及び景観保全の視点、工期コストの関係で改修案を検討することになった。敷地に伺うと、目の前の代々木八幡宮の植生、イヌシデやクスノキなどの植生が連続していることに気づかされた。かつては境内と同一敷地であったであろう施主敷地内のみどりとオーバーラップする代々木八幡宮のみどりを、様々なレベルから楽しむことのできる場所をつくることが自然とコンセプトになった。新設した門前で見上げる葉裏。1階レベルでは庭のみどりが来訪者を囲む。2階や屋上レベルでは生活と大きなみどりが隣り合わせになる様相をイメージし設計を進めた。

最大高低差6.5mの階段状敷地。本計画により付与された屋上レベルからセキュリティーゲートに至るまで各々のレベルでみどりを取り込み、一体となる建築空間をつくり出すことに力を注いだ。LDKフロアのバルコニーは一新し、渋谷区ながらも山間地の空気がキッチンスペースにまでいきわたる。みどりと共にある生活を望んだオーナー家族の各々の居場所は、自然とこの開口部を中心に柔らかく決められている。

所在地 東京都渋谷区
敷地面積117.09 ㎡
建築面積77.05 ㎡
延床面積141.00 ㎡
First Sketch
First Sketch