ガーデニングショップの新築設計

ロザ ヴェール

ROSA VERTE

東側ファサード。温室フレームの左は左官壁、右は木板貼りとし、バラとの相性を見比べられる。外構は防獣フェンスと現場用アコー ディオンゲートにより構成。
バラ苗越しに見る西側の建築ファサード。鉄骨プレファブと温室アルミフレームの構成。温室空間を介して東側の庭へ抜ける。
フランス製波板とバラの相性。波板を留めているボルトがバラの誘引のかかりとして活用されている。

山梨県の石和温泉で20年続く、バラの生産と販売を行っていた旧店舗。売り場にはバラが咲きこぼれ、建物や温室がみどりの陰に沈み、理想的なみどりと建物の関係を打ち出していた。今後のリニア開通を見越して開発が目覚ましいエリアへの移転が決まり、大きな更地と出会ったのが数年前。事業のための建築であるため、そのコストパフォーマンスを強く発揮すべく、主要構造を軽量鉄骨とし、シンプルな平面形状でより高い空間価値が得られるよう、トラス梁を用いたプレファブ工法を採用した。建物の外壁は将来的に全てバラやその他のグリーンで覆われる計画。そのために建物の外壁材と土との関係、その高低差、距離感、軒下空間の構成など、植物にとって心地良い建物との寄り添い方を最大限重視した。

「お店としてバラやグッズが売れることはもちろん必要。でも、それ以上にこれまで植物にあまり興味のなかった人たちが来店したことで植物に興味を持ち、自分たちの庭環境でグリーンのある生活を実践するきっかけづくりに協力したい」このオーナーの思いに応えるべく、3つのスペースのゾーニングが行われている。主に物販を目的としたショップスペース、ガーデニングレクチャーを行うスクーリングスペース、その2つの空間に挟まれる温室空間。それぞれのボリュームは仕上げを変化させ、幾つかの外壁と開口部、その前に広がる庭の関係性においてイメージしやすい環境をつくっている。

敷地面積1,779.10㎡
建築面積228.69㎡
延床面積228.69㎡
階数地上1階
構造鉄骨造
First Plan
First Plan