元企業寮を108戸のシェアハウスにリノベーション

シェアプレイス聖蹟桜ヶ丘

SHARE PLACE Seisekisakuragaoka

築51年の企業の旧独身寮に、留学生らが住まう大学国際寮としての機能を内包し、複合シェア型住宅として再生したプロジェクトである。豊かなランドスケープを付加価値として転化し、悠々としたスペースで多様な入居者が緩やかに共存する。これからの時代感を伴った郊外型シェアスペースのモデルケースとして、京王グループの協業により計画が進められた。空地率68%、丘と河川に挟まれた1000mを超える外構空間を有する敷地環境。これまでの歴史の積み重ねを象徴する大きな既存樹木やランドスケープに起因するすり鉢状の中庭環境を活かすことで、インテリアとエクステリアが大きな繋がりを持ち、自然豊かな外部環境を感じながら日常を送ることができる計画となっている。

用途寄宿舎(リノベーション)
所在地東京都多摩市
敷地面積3,786.27㎡
建築面積1,204.73㎡
延床面積3,041.12㎡
階数地上5階
Sketch
Sketch